弊社は、オフィスエフエイ・コム株式会社のグループ会社の一員として、日本の製造業の発展に貢献する会社を目指して操業を開始致しました。

私たちは日本の製造業が、世界的なグローバリゼーションの中で、更なる付加価値を創造し発展を続けていくことを願っております。そのためには第四次産業革命といった言葉で語られるような工場自動化の推進事業を国内外の製造現場で行っていくことが重要であると考えています。しかし、推進事業を推し進めるには、未だ多くの課題が残されています。例えば、2017年6月に内閣府から発表された『未来投資戦略2017』の中で注力されているロボット革命施策に、2020年までにロボットSIerを倍増させるという計画があります。しかし、その背景には製造工場の生産性を向上させるためのロボットソリューションを提供できるSIerのリソースが足りないことが問題となっている等、実際に抱えている課題を多くの現場で体験して参りました。そのような課題を解決するため、弊社は、人的リソースの少ないロボットSIerが、効率よくロボットソリューションを提供するためのプラットフォームサービスを構築して参ります。

私たちは、常に新しい視野で挑戦しつづけてきたことに裏打ちされた高い技術力、きめこまかな営業力、エンジニアリング力、技術サポートなど評価いただいていると自負しております。これに甘んじることなく、より高いステージへと邁進する所存ですので、今後もより一層のご支援・ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役 飯野 英城・青木 伸輔

代表プロフィール

飯野 英城

幼少期よりプログラミングで頭角を現し、1997年、24歳で株式会社オフィスエフエイ・コムを創業。自動車メーカーのロボット制御からスタートし、IT、医療システム、物流システムなど、着実に事業の幅を拡大。現在ではエンジニア100名以上を抱える企業に成長させ、約20年間にわたり延べ2000工場以上の自動化やロボット化を実現。

機械・電気(制御)・IT(ソフト)のそれぞれの領域に幅広く精通し、装置製造・ロボットSIのほか、製造業の経営者向けにコンサルティングを実施。近年では日本全国だけでなく、中国・ASEAN地域を皮切りに、世界を視野に入れたビジネス展開を図っている。

青木 伸輔

神戸大学経営学部卒業後、株式会社キーエンスに入社。約10年間でFA業界における1万以上のリアルな工場現場に対して生産自動化・効率化の推進に寄与。その後、株式会社オフィスエフエイ・コムに入社し、General Managerとして案件全体の取りまとめとグループ会社の(株)FA.Regalo代表取締役を兼務。

経産省主体のWGやSIer協会幹事会に参画、FAロボットSIer協会の設立にも関与。農水省主体の生産性向上フォーラム講師やロボット化・生産自動化に関する講演講師も多数務める。また、ロボットシステムインテグレーション導入プロセス標準(RIPS)の検討に製造現場・ロボットシステム・ITシステムの全領域に精通したアドバイザーとしても関与。